【新人VTuber】日常の疲れに癒しはいかがでしょうか?狛犬系VTuber阿行こまこ【紹介】

はじめに

皆さんは癒しを求める際、どのようなことを取り入れていますでしょうか?

  • アロマセラピー
  • アニマルセラピー
  • 森林浴/日光浴
  • 音楽鑑賞 など

日本人の実に「3人に1人」が日々の生活にストレスを感じているといわれているこの現代に、今回は読んで頂いている皆さんを必ず癒すことができるVTuberをご紹介します。

プロフィール

”阿行こまこ”とはバーチャル北海道神宮頓宮(じんぐうとんぐう)の狛犬をしているVTuberである。

「狛犬パワーで皆を元気に!」

読み方阿行こまこ(あぎょうこまこ)
誕生日3月27日
年齢500歳
※見た目は16歳程度
好きなもの桜餅、甘酒
好きなゲームFPS、ゾンビ系ゲーム(バイオハザードシリーズなど)
苦手なもの虫(カブトムシは平気)、雷、幽霊
これからやっていきたいことゲーム配信、歌ってみた、雑談配信など
尊敬するVTuber兎田ぺこら(ホロライブ)、月ノ美兎(にじさんじ)
主な配信サイトYouTube 甘味処こまこ
Twitter@komako11111
デザイン@emtto66
ハッシュタグ・総合:#阿行こまこ
・FA:#コマコマ絵馬
・ファン:#こまっ子
・配信:#こまこ参り
・切り抜き:#こまのひとこま
その他マシュマロ
FANBOX

好きなもの

上記に加えて、各動画で好きなものを挙げているのでまとめてみました。

・いろはす(さくらんぼ味)

・バスケ、野球観戦

・カップ焼きそば(特に焼きそば弁当)

・貝類の寿司ネタ(赤貝、つぶ貝、ホッキ貝など)

・カントリーマアム(ココア味)

・ハリボーグミ

etc…

…ご覧の通り、好きなものが非常に多い。本人曰く食べ物は基本何でも好きとのこと。

また、食べ物以外にもゲームは特にFPS、ゾンビゲームを好んで遊ぶことが多くバイオハザードシリーズは1~3を制覇しているようです。

ゲーム内では肉弾戦を得意としており、FPSゲームのAPEXプレイ中に戦場が落ち着く」「襲われたら噛みついてやると述べ、あるいは別動画内ではリスナーのコメントに対して格闘漫画の刃牙(バキ)を例えに出すなど、好戦的な性格をのぞかせており、ゾンビゲームも同様の理由から好んでプレイしています。

出典:Twitter うに*お絵描きする@_uniunico

苦手なもの

動画内では主に幽霊と雷を挙げており、「ゾンビは平気なのに幽霊なの?」というリスナーのコメントに対して幽霊は殴れないので怖いと述べています。

リスナーは参拝者?

出典:aumo.jp 北海道神宮頓宮 狛犬

阿行こまこがVTuberになった経緯は本人曰く、「神社の参拝者増加を考え、人間の世界に興味を持ったためVTuberに転身した」と述べています。

また礼節整ったリスナーが多いのも特徴的であり、荒らしコメントをする者はおろか初見来訪者に対しても温かいコメントで迎えている様子が伺え、リスナー各々が参拝客としてのマナーを弁えている。

配信動画

2021年2月20日に初動画投稿を行っており、同年3月27日時点で30点の動画を投稿しています。

動画内容は主に雑談形式で行われており、マシュマロ(匿名メッセージサービス)を用いて近況報告やリスナーからの質問などに答える動画が中心です。

ゲーム実況

3月現在投稿されているゲーム実況はFPSゲームの”APEX”、ホラーゲームの”つぐのひ”があり、ホラーゲームにおいては先述の通り、幽霊が苦手なためか不安ながらもプレイする様子を観ることができます。

管理人
悲鳴が聞きたい方は 1:07:15 あたりから※音量注意

”阿行こまこ”の推しポイント

コメント返しが親身である

一度でも動画をご覧になった方ならお分かりかと思いますが、配信に参加したリスナーの名前を読み上げる際には挨拶を欠かさず、労いの一言を加えるような丁寧な心配りが印象的です。

これはリスナーを大切にしている証拠であり、そんな阿行こまこを大切にしていきたいと思うリスナーが徐々に増えた結果、動画初投稿から約1か月でYouTubeチャンネル登録者数600人超えています。

否定が一切ない

先述にある通り、投稿されている動画は雑談配信が主体でありリスナーとの会話が多いです。
例えばリスナーからゲーム配信のタイトルを勧められることや、好みのASMRをリスナーが語っても真摯に耳を傾けて共感し話題を広げていくような、トークを展開します。

そこに一切の否定はなく、リスナーも過度な要求等をしないため平和な時間が過ぎていくような配信となっています。

本人よりコメント

はじめまして、狛犬系VTuberの【阿行こまこ】なのじゃ!
普段はばーちゃる北海道の神社の狛犬をしているのじゃが、
神社の復興と人間と遊びたい気持ちからVTuberになったのじゃ!
皆の者これから宜しくなのじゃ!

最後に

ここまで読んで頂きありがとうございました。

まだまだ紹介したいことは山ほどありますが、気になった方はぜひ一度"甘味処こまこ"を訪れてみてはいかがでしょうか。
きっと日常の疲れやストレスが癒されると思います。

Twitterも精力的に活動されているのでこの機会にチェックしてみてください。

今回の記事で少しでも”阿行こまこ”について理解が深まって頂けたら幸いです。
気になった方は、阿行こまこのチャンネル登録・Twitterフォローなどお願いします。

▶最新情報をお届けします▶

おすすめの記事